ISHIFUKU SAN

石福さんのつぶやき

2018

「ご縁」とは、出会い、機会、関係のことをいいます。

不思議じゃないですか?

出会い、機会って・・・。

心の底から自ら望んで会う出会い、機会っていくつありますか?

私たちは気づかない間に
たくさんの「ご縁」をいただいたいます。

自分の
心配してくれている人、助けてくれる人がいても
当たり前のように

気づかなかったり・・・
忘れてしまって・・

ふとしたときに
その大切さに気づくことは少なくないでしょう。

「ご縁」の不思議

無意識に有り難いと思う気持ちであったり
目に見えないものを感じたり
観たりする・・・
日本の文化なのでしょうか

まずは
焦らず良き「ご縁」に
気づくことが大事なのかもしれません

新しい年が始まりました
皆様にとって
良いご縁がありますよーに


石 福 

-ishifuku- 


いつもの水が凍ってました・・・。

さぶっ

A641E236-7CA1-4CCE-974F-588C83825095

我々が生きていく中で

うまくいくときも

そうでないときもあります。

しかし

そこで
クヨクヨしたり
クサっても
状況が変わるわけでもありません。

どんな状況でも
自分を活かすことができる
その経験を活かして
次のステップへ進んでいき
飛躍のバネとする。

状況は常に変化しています。
変化に飲み込まれるのではなく
その状況をプラスにとらえて生きていく。


松下幸之助さんの言葉に
「逆境もよし、順境もよし、要はその与えられた境遇を素直に生き抜くことである」


とありますが

いつも笑って

前へ



 石 福 

-ishifuku-



IMG_7825

私たちには両親がいます。

おとうさん、おかあさん 2人
おじいちゃん、おばあちゃんが4人...。

10代つづくと1024人


20代つづくと100万人を軽く超えるご先祖様がいます。


命のリレー...

一人でも欠けていれば、今の自分はありません。

そう考えると...

一人で生きているのではなく、ご先祖様のおかげで生かされている。


そんな思いで
今日も、お墓に手を合わせ...
ご先祖さまと会話しています。

「今日も、お陰様で良い一日をありがとうございます。」



※蔭の意味。
 1. 木かげ。「陰」に同じ。
 2. おかげ。他人の力に助けられること。
                     (ネット検索にて)


目標がある場合

それに向かって、もちろん努力することが必要ですが、
目に見えない力や、周囲の人々の支えを忘れてはならない。


いろいろな存在が重なり、目標を達成したとき
素直に『お蔭様』を感じると思います。


病気がなおった時には
「お陰様で、体調も回復しました。」と言いますね。



日本人なら「お蔭様で」と自然に出る言葉ですね。


おかげさま...お蔭様...ご先祖様...。
感謝を忘れず
大切にしたいですね。


ご先祖様 ありがとう。

          石 福 

        -ishifuku-

↑このページのトップヘ